Mac標準のApacheの起動と停止

Posted: 2014年8月8日-Likes: 0-Comments: 0-Categories: Mac-Tags: apache, mac
You are here: ...
Home / ブログ / ブログ / Mac / Mac標準のApacheの起動と停止

Macを使っていると、localhostでブラウザチェックしたい時がありますよね。
MAMP環境をインストールするまでもないような場合は、Macに既に存在しているApacheを起動して確認してしまいましょう。

Mac標準のApacheを起動する方法

ターミナルを起動するLanchpadからターミナルを起動する

LanchPaではなく、アプリケーションからでもよいので、ターミナルを起動します。

tarminal

Apacheを起動する

ターミナルが起動できたら、Apache起動コマンドを叩きます。

sudo apachectl start

パスワード入力を促されますので、Macにログインする時のパスワードを入力します。
(画面上は表示されませんが、強気にEnterしてください。)

ブラウザで確認する

ブラウザを起動して、http://localhost/ をアドレスバーに入力してEnter!!

apache

表示されれば、Apacheの起動は完璧です。

備考:Apacheの停止と再起動コマンド

ちなみに、Apacheの停止・再起動のコマンドは以下のとおり。

Apacheの停止コマンド

sudo apachectl stop

Apacheの再起動コマンド

sudo apachectl restart

Mac標準のApacheを起動する方法

どこにHTMLファイル一式を置けばいいの?ということになります。
MacのApacheのドキュメントルートは以下になります。
ディレクトリを開いて、index.htmlファイルを置いてみましょう。

/Library/WebServer/Documents/

以上、素敵なローカル確認環境構築でした!


Prev / Next Post