Outlook.comで独自ドメインメールを無料運用する手順

Posted: 2013年10月3日-Likes: 0-Comments: 0-Categories: outlook, メール
You are here: ...
Home / ブログ / ブログ / outlook / Outlook.comで独自ドメインメールを無料運用する手順

GoogleAppsの無料版が新規登録できなくなって、独自ドメインのメールのみの運用に困った。
最近VPSを利用する機会が増え、メールサーバーだけ、どこかで使えればなぁという要望が必然的にでてきていたりして。
いろいろ調べた結果、Outlook.comで無料で独自ドメインメールの運用ができるようななので、さっそく登録してみた。

Windows Liveアドミンセンターにアクセスし、ドメインの登録を行う。

Windows Liveアドミンセンターはこちら

Windows Liveアドミンセンターでログインできなかったり、エラー表示で先に進めない場合がある。
その場合は、Outlook.comのサイトトップから「新規登録」をクリックして、Microsoftアカウントを取得して、ログインまでしておく。

Outlook.comのサイトはこちら

さて、無事にWindows Liveアドミンセンターが表示されたら、「ドメインの登録」をクリックする。

Outlook.comで独自ドメインメール運用 その1

事前に取得していた独自ドメインを入力し、「ドメイン用にOutlook.comを設定する」を選択すること。

Outlook.comで独自ドメインメール運用 その2

Outlook.comにログインしない場合、ここでログイン画面が表示されるので、事前に取得しておいたOutlook.comアカウントでログインする

Outlook.comで独自ドメインメール運用 その3

「設定の確認および使用条件への同意」の画面が表示されたら、表示されている文字列(これがいつも解読難。。)を入力して「同意する」をクリックする。

Outlook.comで独自ドメインメール運用 その4

独自ドメインでOutlook.comを使うためのMXレコードとTXTレコードが表示される。
独自ドメインを取得したサービスの設定画面にてMXレコード・TXTレコードを追加する。
DNSレコードの設定が終わったら、上部の「更新」ボタンをクリックする。
(小1時間くらい待ってダメなら、DNSレコードの設定を再確認してみる)

Outlook.comで独自ドメインメール運用 その5

ドメインの所有者であることがOutlook.comに確認されたらアカウントの管理画面に遷移する。
(アカウントの)追加をクリックする。

Outlook.comで独自ドメインメール運用 その6

ドメインで利用したいアカウント情報を入力して、「OK」をクリックする。

Outlook.comで独自ドメインメール運用 その7

無事、アカウントが追加された。

Outlook.comで独自ドメインメール運用 その8

Outlook.comにアクセスして、先ほど作ったアカウントでログインして、試しに送受信してみる。

Outlook.comで独自ドメインメール運用 その9

Outlook.comで独自ドメインメール運用 その10


Prev / Next Post